BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

セックスレスが原因の離婚について

2020/10/17
離婚理由を聞いて「セックスレスが原因」とは中々聞く事はないかもしれませんが、
それは公には言わないだけで、実際にはセックスレスであることが原因で離婚する人は
少なくはありません。
実際のある調査では、セックスを数年以上していないカップルが一番多いのに比べて、
夫婦生活がなくてもよいと考えている人は10%にも満たないことが分かりました。
ですので、現状に満足できずに別れてしまうカップルが多いということなのかもしれません。

▼セックスレスで離婚することは可能?

セックスレスを理由に離婚することは可能なのでしょうか?
結論から言うと、夫婦間で話し合いお互いに合意していれば離婚出来ます。
但し、相手が拒否している場合は離婚することは難しいかもしれません。
しかし、法的なことで言えば民法第770条の5号にあたる「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」
に該当すれば離婚できる可能性はあります。

■離婚出来たケース

・セックスすることに何も支障がない場合

夫婦とも健康で年齢が若い場合は、性交渉をすることには支障はありませんので認められることが多いです。
どちらか一方がセックスを求めても理由もなく拒否し続けた場合は、夫婦関係も悪くなってしまいますので
離婚も認められやすくなります。

・パートナーに不貞行為があった場合

パートナーに不倫などの不貞行為があった場合は、もちろん離婚することが出来ます。

■離婚できないケース

・自然にセックスがなくなった場合

自然にセックスしなくなった場合は認められません。

・お互いにセックスを希望しない場合

お互いにセックスを望まない場合は、離婚できない可能性があります。
但し、セックスしないことによって夫婦関係が悪くなってしまい離婚する可能性はあります。

・病気である場合

どちらかが病気でセックスが出来ない場合は離婚理由として認められないことが多いでしょう。


▼まとめ

いかがでしたか。
セックスレスが原因で離婚するにはお互いの合意が必要ということが分かりました。
離婚するには夫婦間でよく話し合って、納得したうえで離婚にすすめていきましょう。